不動産投資・管理

不動産投資

1000件以上の投資実績を誇るリダックは、日米の不動産コンセプトの違いを熟知した
数少ないプロフェッショナルです。コンサルティングから最良物件の斡旋、管理、売却まで、
プロフェッショナル・サービスを一貫して日本語でご提供します。

1000件以上の投資実績を誇るリダックは、日米の不動産コンセプトの違いを熟知した数少ないプロフェッショナルです。コンサルティングから最良物件の斡旋、管理、売却まで、プロフェッショナル・サービスを一貫して日本語でご提供します。

リダック不動産投資サービスの特徴

アメリカの不動産と言っても、地域やタイプ、市況によって、それぞれの投資案件が直面する問題は異なります。リダックは商業用不動産、住宅不動産、ホテルや倉庫など、全米の様々な不動産投資に対して1000件以上の実績があり、それを元にした的確な分析、及びアドバイスをお客様の状況や目的に合わせて提供しています。

リダックの不動産投資サービスの特徴は、投資の検討段階から、その目的の完遂までを1社に全てお任せいただけることにあります。弊社30年の実績により、お客様のご要望を深く理解し、信頼できるアドバイスを提供します。日本にいても、1ヵ所に連絡するだけで投資・管理が可能なため、投資活動がスムーズです。

リダックは東証1部上場企業、株式会社リログループ(証券コード8876)の子会社です。1986年の設立以来、日本の投資家の皆様に対し、幅広い不動産投資サービスを提供しています。投資物件や管理方法の嗜好性など、日本人投資家のニーズを熟知しています。アメリカでの不動産投資成功の鍵は、言語や税制・マーケット知識だけでなく、ビジネスのプロセスやコミュニケーションを理解することです。リダックのスタッフは日米のビジネスの違いに精通した投資のプロフェッショナルです。日本の投資家がアメリカでの投資判断を適切に行えるよう、最新情報・アドバイスを提供いたします。

アメリカでは、市民権や永住権がない場合、モーゲージローンを組むことは非常に困難です。リダックは、永住権やクレジットヒストリーのない海外投資家の皆様に向けたモーゲージローンを提供しており、9,000万ドル以上の提供実績があります。


投資のご相談から売却までをサポート

1.投資コンサルティング

ご予算、期間、ご要望に応じてスペシャリストが的確にアドバイス

2.投資案件の斡旋

数々のリストの中からプランに最適な物件を紹介

3.管理・アセットマネジメント

多数の実績に基づいた物件管理システム

4.投資不動産の売却

適切な市況判断に基づき、有利な売却をサポート

不動産投資についてのご相談は

212-379-5019

不動産管理

1000件以上の管理実績を持ち、透明性が高く、豊富な知識と経験に基づいたサービスで定評があります。
期中管理が重要なポイントとなるアメリカ不動産投資において、リダックは物件の価値を維持し、
投資家の投資利益や財産を守るという視点で不動産管理サービスを提供しています。

1000件以上の管理実績を持ち、透明性が高く、豊富な知識と経験に基づいたサービスで定評があります。期中管理が重要なポイントとなるアメリカ不動産投資において、リダックは物件の価値を維持し、投資家の投資利益や財産を守るという視点で不動産管理サービスを提供しています。

リダックのプロパティ・マネジメント・サービス

新規優良テナントの斡旋
アメリカでは、企業、個人共に移動頻度が高いため、テナント(借主)が頻繁に変わるのが一般的です。そのため、空室リスクに備える必要があります。リダックは、独自のネットワークを駆使し、リース期間が比較的長い駐在員の紹介が可能です。駐在員の家賃は通常企業負担のため、家賃回収という観点でも、リスクの低いテナントといえます。また、必要に応じてテナントのクレジットヒストリーを審査し、支払い能力のあるテナントかどうかスクリーニングした上で、オーナーへ報告します。
更に、テナントの斡旋に加え、オーナーの代理として賃貸契約交渉、及びその手続きを行います。

手間のかかる家賃回収を代行
毎月の家賃の受取管理は手間がかかります。更に、家賃の滞納が起こった場合の催促や回収などは、精神的にもかなりの負担となります。
リダックでは、オーナーに代わって各テナント宛に毎月明細書(Monthly Statement)を発行し、家賃回収を行います。滞納等が生じた場合はテナントに催促し、必要な場合は家賃の回収や立ち退き等、法的手続きをお手伝いする弁護士を紹介し、オーナーの負担を極力軽減します。

物件の価値を維持するための住宅点検・修理手配
土地と建物の価値の割合が日本では8:2であるのに対し、アメリカでは2:8です。つまりアメリカでの不動産投資を成功させるためには、建物の維持管理が重要となります。ポイントは、以下の2点です。

1.定期的に物件を視察して管理上の問題を未然に防ぐ
2.適切なメンテナンスを行うことで、物件の価値を維持

上記の視点に立ち、リダックでは定期的に住宅点検を行います。また物件に何らかの問題が生じた場合、速やかにその点検を行い、物件の価値を維持するために必要な修理について提案・手配します。

工事業者のクオリティ&コストコントロール
アメリカで求められる一般的な修理や工事のクオリティは、日本で求められるレベルと異なることが多く、またアメリカでは工期が遅延したり、発注通りの工事にならない等、工事には多くのトラブルがつきものです。リダックでは、オーナーに代わり、こうした工事のトラブル、業者の仕事のクオリティを可能な限りコントロールします。工事費用もオーナーに代わって交渉し、費用対効果の最大化に努めます。

シンプルな経費管理
リダックのマネジメント口座(無利子)内にお客様の口座を開設し、回収した家賃を保管、その残高より物件関連の諸経費の支払いを行います。残高が当初の取り決めの金額を超える場合は、ご希望により、オーナーの指定口座にリダックより送金します。また、不足が見込まれる場合は、オーナーよりマネジメント口座に送金していただきます。

月例収支報告で収支の把握が簡単
家賃収入と経費をまとめた、収支レポートを毎月オーナーにお届けします。これにより、物件の管理状況や収支バランスが簡単明瞭に把握できます。その他テナントの決定や賃貸契約終了時等の重要事項に関しては、随時報告します。

手間のかかる定期的な経費の支払代行
固定資産税、保険料、公共料金、住宅ローン等、定期的に発生する経費の支払は手間が掛かります。リダックではこれらの業務を一切代行し、物件オーナーの負担を軽減します。

アメリカ税務申告書類の作成サポート
アメリカの所得税申告は、オーナーの責任で行って頂きますが、ご希望のお客様には会計士を紹介します。また、リダック管理物件に限り、所得税申告に必要なデータを纏め、会計士に送付するサービスを提供しています。(本サービスは別途有料となります)。お気軽にご相談ください。

立ち退き等告訴の際の弁護士斡旋
滞納等が生じた場合には、必要に応じて家賃の回収や立ち退きの訴訟行為を起こすための弁護士も紹介します。

保険の加入手続き代行手配
物件の損害保険、賠償賃貸保険等、必要な保険への加入手続きに関してご相談を承ります。

管理費について
物件の管理費は、立地・物件の状態・想定家賃で異なります。これら3点を中心に総合的に判断した上で、毎月の管理費用を算出・提示させていただきますので、予めご了承下さい。

不動産管理についてのご相談は

212-379-5041