あなたはジャパンタウン派?それともビーチ派?~ロサンゼルス郡でおススメの2都市

まず、ロサンゼルス郡で人気のジャパンタウンといえば、サウスベイにあるトーランス。ロサンゼルス国際空港より南東へ約18kmに位置する人口約15万人の中規模都市です。 

かつては石油産業で賑わった町でしたが、石油産業衰退後も、石油化学や航空機産業を主体に400以上の企業が集積するロサンゼルス郡南部の商業・産業の中心地として発展してきました。それらの企業の中には、実は多くの日本の大手企業も含まれていたため、日本からの駐在員やその家族が多く住み、今ではトーランスの人口の約1割が日系人と言われています。また市内にはあらゆるジャンルの日本食レストランを始め、多くの日系スーパーマーケット、書店等、日系人向けビジネスが大変豊富です。更には、全日制の日本人向け幼稚園や小中学校まであり、アメリカに居ながら日本とほぼ同じ暮らしができると言っても過言ではありません。

次に人気の街といえば、トーランスの西側に位置するレドンドビーチです。静かで落ち着いた雰囲気の住宅街です。地元民が多いこのエリアは、ロサンゼルスでも有数の高級住宅地で豪邸が並びます。キング ハーバーというヨットの係留施設があり、マリンスポーツ、ホエールウォッチング、サイクリングなどのアクティビティで賑わっています。レドンドピアには新鮮なシーフードレストランやバーも充実しており、週末は沢山の人で賑わっています。

 

 

なかでも、リビエラビレッジというダウンタウンエリアが最近注目を集めています。新しいショップ、レストランがどんどん進出しており活気があります。お手頃価格なオーガニックスーパーで人気のTrader Joe’sや郵便局もあり、意外と日常生活に困りません。トーランスへのアクセスが良いので、ロサンゼルスならではのビーチライフを満喫されたい方向きのエリアです。

 

ロサンゼルスの不動産に関するお問い合わせはこちら>>